季節の写真館 No.210


2018.9.16 ホンマ、いいお米ができた!newnew.gif (3158 バイト)

 除草剤などの農薬を一切使わず作ったコシヒカリが、「籾(もみ)すり」という作業(もみの表皮をはがして、お米にする工程)を経て、お米になっていきます。

 一粒一粒が、ホンマ、いいお米ができたというのが実感です。
 どんな味? 一度、食べてみた~い!買えないの?
 っていう方には、どうぞ!どうぞ!で~す(^o^)v
 480円/㎏(白米) 450円/㎏(玄米) こだわりの農産物通販 

 10月収穫の酒米「山田錦」と餅米が、日々色づいていきます。
 これらのお米が黄金(こがね)色に実る頃が丹波の秋本番。
 昨日決まった10月20日のダベリバライブも収穫祭ライブという思いです(^o^)v

2018.9.5 完成!森林の家

 台風21号の甚大な被害に心からお見舞い申し上げます。
 丹波は、直撃コースとなりながら、雨も、風も避けられました。
 先日の20号台風の被害もあり、いろいろとお気遣いをいただき、心からお礼申し上げます❇
 奥丹波の森づくりですが、つい先日、小屋のドアを作り、据え付け、完成です。

 この小屋は、夏の暑さ、冬の寒さを遮断するように工夫し、格好の駄弁り場になりそうです。

 こんなごろ寝もいいですよ~(^o^)v
 あとは、薪づくり。

 薪割り機を新調すると、性能にもよりますが、40万前後? 道楽か投資か迷うところです(^^ )
2018.9.12 ムラの山林地籍調査が始まりました

 今日から2ヶ月かけて、ムラの山林地籍調査が始まりました✴
 山林の持ち主の境界が分からなくなって、山林の荒廃が進む中で、境界を決めていく大事な事業です。
 自治会長として山行きが続きます。

 かつて、山の材木は、財木であったのが、災害の元凶の罪木になりつつある嘆かわしい現実。
 森林が見直されなければ、ニッポンの災害はどんどん進みますね★
  難しい現状は、さておき、薪割り機械が届き、薪づくりに明日から取り組みます。
 山の財を活かそ~(^o^)v
2018.9.13 本日導入した薪割り機

 本日導入した薪割り機のデモンストレーションで〜す✴

 めらめらと燃え、ほっこり暖かい薪ストーブ、薪風呂のマキづくり始めます☆

 丹波いちじまふぁーむの情報はフェイスブック(代表 荻野拓司のFB)にも掲載しております。
 ぜひ、御覧ください。
 https://www.facebook.com/profile.php?id=100005263445487

季節の写真館 の バックナンバー は ここをクリック!!

▲このページのトップへ